歯医者

ドクターをリサーチ【インプラントは難易度の高い治療法】

矯正歯科の新しい治療法

笑顔

歯の裏側に器具を装着

従来の歯列矯正といえば、1つ1つの歯の表面にブラケットと呼ばれる金属製の小片をあてがい、それをワイヤーでつないで引っ張るという方法が主流となっていました。しかし最近では、これとは異なる治療法もいくつか導入されています。その1つが、裏側矯正です。裏側矯正はまたの名を舌側矯正ともいいます。その名からも分かるとおり、歯を裏側から、すなわち舌のある側から矯正します。基本的な原理は通常の矯正法と同じですが、ブラケットを歯の表面ではなく内側にあてがうことで歯を動かし、歯並びを整えます。裏側矯正は通常の矯正に比べると1〜2割ほど費用が高めですが、治療期間はほとんど変わりません。また、年齢に関係なく治療を受けることができます。

人前で歯を見せても安心

裏側矯正は誰でも受診可能ですが、特に成人になってから矯正治療を受ける人に人気があります。というのも、矯正器具を裏側から装着するために口を開けてもほとんど目立たないからです。人前で話をする時、あるいは会食する時など、目立つ矯正器具を付けていればどうしても口元を気にしてしまいますが、裏側矯正ならばそうした懸念がありません。裏側矯正の注意点としては、舌の当たる場所に器具を装着するため最初のうちは発音がしにくいということが挙げられます。しかしこれは医師の指示を受けながら訓練をしていけば徐々に慣れるようになります。歯磨きなども最初は違和感がありますが、すぐにうまくできるようになります。むしろ歯の表面を器具に邪魔されずに磨けるので、衛生面のメリットは高いと言えます。